読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼児スイミングスクール通学日記

娘が幼児スイミングスクールに通い始めました。ちゃんと泳げるようになるのかなぁ。

泳ぎ方を子供に教える方法 に関して書いてみました。

スイミングスクールではあまり指導されませんが、プールから上がった後に気をつけたいのがプールの塩素です。プールの水は衛生上の観点から水道水よりも塩素が強いです。スイミングスクールの練習の為にプールに入る頻度が高いということはお肌が弱いお子さんには大きなダメージになります。

スイミングスクールの授業開始前には柔軟体操をしますが、人より体が硬いお子さんもいらっしゃると思います。小学校高学年くらいになると柔軟性に差が出てくるので、普段もできるだけストレッチや柔軟体操を一緒に取り組まれるのがオススメです。腕のかきにも役立つ体側のストレッチは、片足を合わせ両腕をつないで外側の腕を引っ張りながら体側を伸ばします。

最近気になってるんですけど、化粧水や乳液、美容液ってちゃんとお肌に浸透しているのか?と思うことってありませんか。どんなに塗ってもカサカサしてしまったり。そこでウラワザなんですが、キレイに洗った手で顔を温めると浸透率がよくなるそうですよ。

ところで、先日初めて知ったんですけど、猫舌ってネコ特有の感覚だと思っていましたが、そうじゃないんですって。地球上の生物のなかでラーメンや鍋など熱い食べ物を好んで食べるのは人間だけなんです。だから犬も「猫舌」なんです。

この話題は覚えておくと、飲み会などのネタに使えるかもしれません(笑)節約したい人が節約雑誌を買うのはなぜなんでしょうか?今友人と話題になっているんですよね。

今日は穏やかな気持ちで幸せに過ごせそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]